数多くの農業に使う農機具の中でトラクターは汎用性の高いものでありそしてその歴史も長いことで知られています。トラクターはもともと、ラテン語のけん引するという意味であり、何かをけん引する機械という意味で使われています。そのため、産業用のトラクターや軍事用のトラクターまでありますが、現在の日本ではトラクターというと農業用トラクターを示すほど、その存在はメジャーになっています。

もともと、トラクターは明治時代に日本に入ってきたものですが、戦前は特殊な農場でしか使われていませんでした。戦後、高度経済成長や農地の拡大とともにその使用範囲は広がり、当初は組合での共同所有だったものが1970年代ごろから個別で所有するようになってきました。

トラクター自体も拡大し続けており、大きいもので100馬力のものもあります。有名な農機具メーカーはこぞってトラクターの新商品を世に送り出し、現在では大小100もの農機具メーカーによってつくられています。しかしながら1990年代以降、高齢化の影響などから、農業を離れる人が少なくありません。それ故にトラクターを処分したい、不要なトラクターを何とかしたいという人も増えてきています。

トラクターとは、畑や水田を耕す機械です。耕運して土に空気を入れ、雑草などを巻き込んだりすることで耕すことができます。トラクターは、農機具の中でも大型の機械です。10馬力から60馬力までトラクターと一口に言ってもいろいろなものがあります。トラクターは軽自動車と同じでナンバーを取って公道を走ることができます。しかしながらトラクターは軽自動車と同じで、ナンバーをつけていることから当然税金が発生します。そのため、使ってもいないトラクターを持っていると損をしてしまいます。このようなトラクターは、処分をするのが良いです。

トラクターの処分にはいくつかの方法があります。購入店に戻したり、廃棄物として処分したりする方法です。ほかには、オークションや地域情報誌、伝手などを使ってほしいと思っている人に譲るという方法もあります。

しかしながら、個人の伝手やオークションでは、トラブルになることもあります。購入した農機具店では、新しいものを売るという観点から、高い値段が付きにくかったり、逆に回収料を取られたりすることがあります。買取専門業者であれば、比較的高く買取してくれることもあります。

このように、トラクターの処分にはいろいろな方法があります。最近では、買取業者についてはインターネットで情報提供をしているところもあります。そのため、トレンドや中古市場についてしっかりと理解したうえで、トラクターの処分には自分でよいと思う方法を選ぶことが必要です。